コワーキングスペースの利用メリット

コワーキングスペースについてご紹介します!



このサイトでは、一般的なコワーキングスペースの利用目的についての情報をご紹介しています。
さらには初めてスペースを利用する際の契約方法から、選ぶ際にチェックしておきたいあると便利な設備についても触れています。
また近年東京でも増加しているコワーキング施設の魅力にはどのようなものがあるのか、施設に用意されているものは具体的に何があるかといった情報も扱うサイトです。
利用を検討している際には確認しておくと役立つ可能性があります。

コワーキングスペースの利用目的

コワーキングスペースの利用目的 近年人気を集めているコワーキングスペースですが、まだ利用したことがないと中の様子がどのようなものなのか分からないためハードルが高いと感じる人もいるかも知れません。
仕事をするための場所というイメージがありますが、必ずしも皆がビジネスマンというわけではないのが特徴です。
確かにコワーキングスペースは仕事をするために使っている社会人が多いですが、それだけでなく様々な目的で利用する人が集まっている場です。
起業をしたばかりの人が活用している事が多いほか、フリーランスが作業する目的でも利用されています。
また勉強をするために利用する人も多くいて、資格取得のために勉強をしている社会人や学生もいることがあります。

コワーキングスペースで会議はできるのか?

コワーキングスペースで会議はできるのか? コワーキングスペースという言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。
要するに自宅ではどうしても家族等自分以外の人間がいて、仕事や作業に集中することができないから、図書館のようなインターネットカフェのような、一人で集中できる場所を借りて、そこで勉強や作業や仕事をすることです。
しかし中にはコワーキングスペースで会議を行いたいという人もいるのです。
コワーキングスペースというのは会社ではないのはもちろんのこと、レンタルオフィスともまた違います。
どちらかというと、図書館のように多くの人が使う場所なのです。
しかし会議は問題なくできるコワーキングスペースも、実は最近では増えてきているのです。
その場合、会議を行いたいという日時について、予めスマートフォン等から予約を取る必要があります。
もちろんスペースには限りがありますから、なるべく早めに予約をしない場合、他の利用者に先におさえらえてしまうということもあります。
その場合は別の方法を探さざるを得なくなってしまいますから、とにかく早め早めの行動を心がけることが必要です。
ちなみにミーティングをしている時に、ドリンクを提供してくれるサービスがあるところもあるようです。

仕事場として活用するコワーキングスペース

様々な事情により、家庭で仕事をする人の割合が多くなってきています。フリーランサーや自営業の人のみならず、会社員でも家庭で働くというスタイルは一般的になりつつあります。それらには利点もありますが、自宅で働くことについて『集中できない』『オンオフの切り替えがうまくいかない』と感じる方も多いようです。そんな時に便利なのが、コワーキングスペースを活用するという手段です。 コワーキングスペースとは、席単位や小さな敷地単位で場所を借り仕事を行うことができる場所です。雰囲気としてはカフェのような感じですが、若い学生さんやおしゃべりをする人人達はいません。あくまでも仕事場としてその場所を活用する人ばかりなので、良い環境で仕事に集中できるという特徴があります。wi-fi環境やコピー機等の設備が整っていることも多く、快適に仕事ができるということで愛用者が多いです。値段は借りるスペースや、ドリンクサービスなどセット内容によって変わってくるような仕組みになっています。

起業時の初期費用を抑えることができるコワーキングスペース

起業を志す方にとって、まず頭を悩ます問題にオフィスの初期費用があります。起業したばかりの頃はオフィスにお金をかけずに営業、販売活動に注力したいと考えるものです。また、オフィスは固定費として定期的に会社から資金が流れていきますので、最初からまとまったお金を固定費に使いたくはないものです。 そこで、検討価値があるのがコワーキングスペースです。 コワーキングスペースは、複数の利用者がオフィススペースを共有して仕事を行うスペースです。オフィスの賃貸料金はもちろん、椅子や机などの備品も決して安いコストではありません。電気光熱費も単独で負担するよりも複数で施設をシェアするコワーキングスペースであれば利用料金に含まれていることもあり、割安です。 創業したばかりで社員が自分一人、または2人程度の少人数であれば最初から賃貸契約を結んで単独でオフィスを構えるよりはまずはコワーキングスペースを利用して地盤を整えてから自分のオフィスを構えるというステップが踏めます。

コワーキングスペースのフレキシブルな席の利用とは

コワーキングスペースの利用で面白い所の一つに、フレキシブルに席を変えられる点があります。
場所によってはお金を払って固定席を取る事も可能なコワーキングスペースもありますが、基本的には行って開いている席を利用するのがコワーキングスペースのスタイルです。そのため、毎日同じ席で同じ光景を見ながら作業する事務所とは違い、毎回違う光景と知らない人たちがいるところで作業するのが、ある意味でコワーキングスペースの醍醐味なのです。いつも同じ状況だと集中しにくいといった人は、一度利用してみて、どれだけ集中出来る環境か試してみるといいでしょう。月額料金で使っている人もいますが、ふらりと行って一時間いくらといった形でも利用出来るので、あまり重く考えずに興味のあるところに行ってみるといいかもしれません。飲食店のカウンターのように席を空けて埋まっていきますが、開けられなくなると隣に人が来る形になり、空気が張り詰めていく感じがして仕事に集中出来ます。

宿泊ができるコワーキングスペースを利用するメリット

コワーキングスペースとは、従来のレンタルスペースとは違い専用の個室スペースではなく共有型のオープンスペースにて仕事をするスタイルの施設です。多くの場所では専用の個室やデスクを持つプランがありますが、中には自由席で他の入居者とのコミュニケーションを促していることが大きな特徴となっています。
最近ではコワーキングスペースは仕事やコミュニケーションが行えることに加えて、宿泊が可能な施設も登場しており昼でも夜でも問わずにいつでも仕事に集中することができるメリットがあります。ホテルや旅館で仕事をする場合との大きな違いは、コワーキングスペースには長時間座っていても疲れにくいオフィスチェアが置いてあったり、PCの作業に適した高さを調節できるデスクが用意されているなど働く環境が整っているためです。
そして宿泊ができる施設の多くは、温泉地や大自然の中など非日常的なエリアにあるので、普段とは違った場所で仕事をしたいという方も気分転換ができたり、温泉につかって疲れた身体を癒やすこともできることが魅力です。

出張でビジネスホテルを使う時のコワーキングスペース

出張などで遠くに来ていて、数日間ビジネスホテルに泊まる環境になった人に日中利用をお勧めしたいのがコワーキングスペースです。
普通は仕事で忙しい事が多いのですが、意外と短時間で終わってしまい、手持ち無沙汰になる可能性があるのも出張というもので、業務中なので観光もしにくいならコワーキングスペースで仕事が出来ます。コワーキングスペースは喫茶店を仕事用に特化した様な施設なので、娯楽設備もなく、ただ机があって電源と無線LANが使えるだけの場所です。ノートパソコンがあるなら普通に仕事が出来ますし、それでなくてもメールチェックなどしていれば遠隔で業務に関わっている形にはなります。遠隔地に出張したものの、やる事が意外と少ないというのは仕事ではあるあるなので、そんな時に時間をどう使うかは念頭に入れて置くといいかもしれません。漫画喫茶という手もありますが、あくまで業務中なので抵抗がある場合、コワーキングスペースが最適です。

コワーキングスペースにおける感染症対策とは

近年かなり数が増えてきていて、利用者も増加しているコワーキングスペースですが、コロナ禍における対策というものはどういったものがあるか考えてみます。
感染症対策の基本でマスクの着用は必須となっていますが、それだけでなく出入り時の手指の消毒、机間のパーティションの設置などはどのコワーキングスペースでも行われています。環境の異なる人達が集まる場として存在しているため、その辺りは必須と言えるかもしれません。また、空間を有効利用するために席が敷き詰められている部分は、間に一つ空席を設ける事で対策されています。これはもちろん利用者数が半減するという問題もあるのですが、そもそも密になりがちなコワーキングスペースを利用するのですから、それぐらいの対策は必要になるのは仕方のないところです。利用者としてもそれぐらいをしていないと使う気にならないため、経営側は我慢して半数の席で運営しているところが多くなっています。

スタイリッシュなコワーキングスペースでの働き方

ホワイトカラーなどという言葉がありますが、事務所で席に着いてできる仕事をしている人は、力仕事よりはスタイリッシュに見えるのかもしれません。さらにそれを突き詰めると、フリーランスでパソコンを片手に場所を選ばずに稼いでいる人でしょうか。
独立しているので誰かの指示に従う必要もありませんし、作業場所も自宅であろうとどこであろうと自由です。それらの人達は喫茶店でずいぶん見かけましたが、今はコワーキングスペースを利用する人が増えています。コワーキングスペースは喫茶店を仕事場に特化させたような施設で、電源で無線LANさえあれば仕事の出来る人達が多く利用しているのです。おそらく、その仕事の仕方にあこがれる人も多いと思われるスタイリッシュさであり、コワーキングスペースの方も出来るだけそういった人達が使いやすい様に、綺麗な内装を心掛けて作られています。ドリンクバーを設置したり、喫茶店のようにドリンクを提供するところもあり、独自色を出して利用者の確保にも動いているのです。

需要が増えるコワーキングスペースとは何か

オフィス環境を一つに縛らず他の人と共有しながら仕事を行う、コワーキングスペースが増加しています。
年齢や性別など関係なく仕事を行い異なる業種を行う利用者達が、一つの空間で設備をシェアしながら仕事をしていきます。
コワーキングスペースのメリットはなんと言っても経費の削減で、仕事場を低コストで確保出来る点は多くの人達から高く評価されています。
また共有スペースでの仕事では異業種間での交流が生まれて、新たなビジネスチャンスを作ることが出来ます。
会議やミーティングの為に、わざわざ場所の確保をしなくてもいい点もメリットです。
初期費用やランニングコストを抑えることが出来る点は国内外からも注目されていて、海外の人の利用も増えていてこれからも需要は増えると見られています。
これから起業を検討中という人は必要なインフラを低価格で利用出来る、コワーキングスペースを選択するというのも様々な負担軽減には役立つと言えます。

異業種との交流がコワーキングスペースには生まれています

コワーキングスペースはcoがともにworkingが働くという英語からきていて、オフィスに縛りがない環境で働く人達のワークスペースのことを指します。
2006年にアメリカのサンフランシスコが発祥の地として知られていて、日本でも2010年頃からコワーキングの概念が浸透してきたとされています。
よく似た言葉にシェアオフィスやレンタルオフィスが挙げられますが、両者には厳密な違いはなくコワーキングスペースは実務を行う個室がなくオープンスペースで仕事を行う場合が多いです。
コワーキングスペースを利用するメリットは、設備の共有によって経費の削減や利便性の向上が挙げられます。
共有スペースでの仕事によって異業種との交流が盛んになり、有益な情報交換や協働など相乗効果を得ています。
コワーキングスペースは拡大傾向にありますが、関東に施設が集中している側面がありこれから需要は益々増え続けて日本全国に拡大していくと見られています。

コワーキングスペースのドロップインシステムとは

コワーキングスペースは喫茶店のような見た目をしていますが、コーヒーではなく時間に利用料金が発生する仕組みで、例えば3時間分の支払いをすれば3時間いる権利を得ます。
そのため、喫茶店のようにふらっと行って利用出来るシステムになっているのですが、知らない人が何だかよく分からない店にいきなり入るのもハードルが高いかもしれません。
また、中をのぞいてみると常連達が当たり前のような願をして作業していて、スタッフがあまり見当たらなかったりするとどうしていいか分からなくなったりするでしょう。
こういったものもコワーキングスペースのあるあるで、利用者に入退室管理をさせてしまってスタッフを常駐させないところも多いのです。
月額利用をしている常連も多いのですが、ドロップインと行ってその日行ってお金を払い、使ってそれっきりという使い方もあります。
いくつか選択肢があるならいきなり月額を買うのは躊躇するので、何度か使ってみて使い勝手を判断してからの方が良いかもしれません。

コワーキングスペースを有効活用して企業家のスキルを高めよう

ビジネスを自分で計画し進める企業家は、様々な情報を吸収し効果的な戦略を立案することが非常に重要なポイントとなっています。
自分自身だけでは思いつかないアイディアも、様々な外部の刺激を受けることによって新たな発想を生み出すことにつながり、様々なビジネスを戦略的に進めることができるものです。
しかし一般的にはそのための交流を図る事は非常に難しく、なかなか第三者のアイディアを吸収することができません。
コワーキングスペースを有効に活用することにより、効果的な戦略を立案することができる場合も多いものです。
多くのコワーキングスペースでは様々なビジネスを生み出そうとする人が集まり、その交流を行っていることが多くなっています。
定期的にこれを利用することで、SNSなどを利用した交流とは異なるより有効な情報を得ることができる場合もあります。
コワーキングスペースのメリットを十分に認識し、積極的に利用するのが良い方法です。

コワーキングスペースの作業における情報漏洩について

コワーキングスペースで業務を行う人も増えましたが、他社の人間がたくさん行き交う場所という意味で情報漏洩には注意しなければなりません。
そもそも環境として一つのフロアに人が集まるため、ノートパソコンを開いているなら背後から見られる可能性は普通にあります。
他社の人間に見られてはいけない情報などは開かない方がいいですが、注意が漏れる事もあるでしょう。出来るだけコワーキングスペースでは機密性の低い業務を行うべきで、注意が必要です。
社員が定期的に利用しているなら、どういった事に注意して作業をしているのか聞き出しておくといいかもしれません。
また、会議室を借りて会話などをする場合にも、少しでも漏れてはいけない情報は言わないことです。
壁に耳あり障子に目ありと言う様にどこの誰が聞き耳を立てているか分かりません。
特にトイレに立つ時など、どのくらい物を持っていくかは悩むところですが、最低でもパソコンにロックを掛けるのは必須にしましょう。

コワーキングスペースの活用法と考慮すべきデメリットに関する総合的な案内

コワーキングスペースの利用者が増加する一方で、その活用法とデメリットを理解することが重要になっています。
コワーキングスペースは、共用のオフィスとして、様々な職業の人々が集まり、作業を進める場所です。
様々な業界の人々が集まることで、新しいアイディアやビジネスチャンスを生み出すことができ、また、固定のオフィススペースを持たなくても仕事ができるため、コスト削減にも繋がります。
さらに、スペースの予約が可能であるため、プロジェクトごとの利用や必要な時だけオフィススペースを確保することが可能です。
しかしながら、コワーキングスペースを活用する際には、いくつかのデメリットも認識しておく必要があります。
たとえば、多くの利用者がいる場合には、プライバシーが確保しにくいことがあります。
また、音や会話などの騒音が問題になる場合もあり、集中を必要とする作業には向かないことがあるでしょう。
これらの点を踏まえると、コワーキングスペースを利用する際には、自身の作業内容やプライバシーの必要性を確かめ、どのようなサービスを利用するか慎重に選ぶことが大切です。
適切に活用することで、コワーキングスペースは非常に効率の良い作業環境を提供することができるでしょう。
最後に、コワーキングスペースを選ぶ際には、立地や設備だけではなく、管理運営体制やコミュニティの活性度も重要な要素です。
各スペースの特色をよく調べ、自分に合った場所を見つけるよう心がけましょう。

コワーキングスペースには新たなビジネスチャンスがいっぱい

現代の働き方は多様化しており、それを象徴するようにコワーキングスペースの存在が注目されています。
これらのスペースはただの作業場所にとどまらず、さまざまな職業や業界の人々が集まり、交流を深める場としても機能しています。
そこでは自然とビジネスチャンスが生まれ、新しいアイデアやプロジェクトが芽吹くことが珍しくないのです。
たとえば自身のプロジェクトに必要なスキルを持った人材を見つけたり、他業種との協業による意外な商品開発が行われたりすることもあります。
またコワーキングスペースは起業を考えている人にとっても理想的な環境です。
低コストでオフィスを構えることができるほか、スペースに属するコミュニティを通じて知見やアドバイスを得ることができるからです。
このようにコワーキングスペースは、働き方の柔軟性だけでなくビジネスの成長にも貢献する場所であるといえるでしょう。
環境が人を育むとも言われますが、コワーキングスペースはその最良の例かもしれません。
そこから自分だけの価値を生み出し、新たなキャリアを築くための第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

コワーキングスペースでのトラブル予防とその対処法に関するお役立ちガイド

現代社会においてはフレキシブルな働き方が推奨される中で、コワーキングスペースは多様な職種の人々が集える社交の場としても、また集中して作業を行うための作業スペースとしても用いられています。
しかし、人が集まる場所では時として様々なトラブルが発生し得ます。
そこで、コワーキングスペースにおけるトラブルを予防する方法と対処法についての情報をまとめました。
はじめにトラブルを予防するためには、コワーキングスペースのルールやマナーをしっかりと理解し、尊重することが大切です。
たとえば静かに作業を行うエリアでの音量や飲食の取り扱い、設備の使用方法については特に注意が必要です。
利用者同士のコミュニケーションでも、明確な意思表示と相手への配慮が求められます。
万が一トラブルに見舞われた時には、落ち着いて状況を判断し、適切な対応を取ることが重要です。
単純な誤解であった場合には、直接対話を通じて解決を図ります。
他の利用者に迷惑がかかるような事態の場合には、スタッフに早急に報告し、指示に従って対処することが求められます。
コワーキングスペースはその性質上、意見交換の場としても機能しますので、互いの意見を尊重し合うことで生じた問題を円滑に解決へと導くことができるでしょう。
事前の情報収集と心の準備をしておくことで、快適なコワーキングライフを送ることが可能になります。

コワーキングスペースはやっぱり都心に多いの?

近年、テレワークの普及に伴い注目されているコワーキングスペースは、都心部に集中しているという認識が一般的ですが、実際のところはどうなのでしょうか。
確かに都心には便利なアクセスや多様な業界の人々が集まる利点がありますから、多くのコワーキングスペースが立地していることは間違いありません。
そして、稼働率や人気の高さからも、その需要の大きさをうかがい知ることができます。
都心部ならばさまざまなビジネスチャンスに恵まれる可能性が高く、ネットワーキングの場としても優れていることから、フリーランスや起業家たちに重宝されています。
交通の便利さは、クライアントとの打ち合わせやイベントへの参加をスムーズにし、ビジネスを加速させる力にもなります。
特に地方から都心に出てくるビジネスパーソンにとっては、地理的なハンディキャップを補うためにもコワーキングスペースの存在は大きな支えとなり得ます。
一方で、近年は地方都市や郊外にもコワーキングスペースが増え始めており、都心に集中しているというわけではありません。
地方のコワーキングスペースは、地域密着型のサービスやさまざまな交流企画を取り入れ、地元コミュニティとの連携を重視しています。
地域特有の文化や人間関係を活かした新しい形の働き方を提案し、その地域に新しい価値をもたらしています。
結局のところ、コワーキングスペースの多さは都心に偏っているように見えますが、今後は地方の活性化とともにその数は増え、バランスが取れつつある現状を把握することが不可欠です。
まさに、場所を選ばず働ける時代の象徴とも言えるでしょう。

コワーキングスペースとシェアオフィスとの違い

近年注目を集めるコワーキングスペースという働き方がありますがシェアオフィスと混同されることがしばしばです。
ここではコワーキングスペースとシェアオフィスの違いを明確にして選び方のポイントをお伝えします。
コワーキングスペースはフリーランサーや起業家、リモートワークをする方など多様な職業の人が一つの開放的な空間で働くスタイルを指します。
対してシェアオフィスは個々のスペースがしっかり区分けされ、プライバシーが確保されるようになっているのが特長です。
コワーキングスペースの魅力は交流の場が生まれ、新しいアイデアやビジネスチャンスに繋がる可能性がある点です。
一方でシェアオフィスは集中して仕事をするための環境が整っており、静かな環境を好む方に適しています。
選び方のポイントとしてはまず使用目的を明確にすることが大切です。
コミュニティを形成し交流を重視するか、個室で落ち着いて作業をしたいかによって選択肢が変わってきます。
また立地や利用料金、セキュリティ面も重要なチェックポイントになるでしょう。
これからの働き方を選ぶ際にはコワーキングスペースとシェアオフィスの特徴を理解し、自分にとって最適な場所を選ぶことが成功への一歩となります。
自分に合った働き方を見つけ、充実したワークライフを送りましょう。

コワーキングスペースに関する情報サイト

神戸でおすすめのコワーキングスペースは?

新着情報

◎2024/5/16

情報を追加しました。
>コワーキングスペースの活用法と考慮すべきデメリットに関する総合的な案内
>コワーキングスペースには新たなビジネスチャンスがいっぱい
>コワーキングスペースでのトラブル予防とその対処法に関するお役立ちガイド
>コワーキングスペースはやっぱり都心に多いの?
>コワーキングスペースとシェアオフィスとの違い

◎2023/7/25

情報を追加しました。


>需要が増えるコワーキングスペースとは何か
>異業種との交流がコワーキングスペースには生まれています
>コワーキングスペースのドロップインシステムとは
>コワーキングスペースを有効活用して企業家のスキルを高めよう
>コワーキングスペースの作業における情報漏洩について

◎2022/9/15

情報を追加しました。


>コワーキングスペースのフレキシブルな席の利用とは
>宿泊ができるコワーキングスペースを利用するメリット
>出張でビジネスホテルを使う時のコワーキングスペース
>コワーキングスペースにおける感染症対策とは
>スタイリッシュなコワーキングスペースでの働き方

◎2021/2/12

サービスの質について
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

設備の特徴とは
の情報を更新しました。

◎2020/11/15

設置するのに必要なこと
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

スペースに用意されているもの
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

東京でも増加中!
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「コワーキングスペース 人気 」
に関連するツイート
Twitter

思考実験: コワーキングスペースに無料で飲める紅茶が置いてある。 ティーバッグには2種類あり、自分は銘柄Aを好んで飲んでいる。 ここで、次の補充までに銘柄Aがなくなり、仕方なく銘柄Bも飲み、無くなったとすると、運営者側からは「紅茶A/Bともに人気で無くなった」という事象を観測する。

返信先:

おはようございます。本日もMOV、オープンしています!! 本日はまだラウンジは結構しっかり空いています。貸し会議室の当日予約の場合は店頭かお電話にてお知らせください。(午後より、大きいお部屋と一人用フォンブースが人気) 本日も22時まで。お待ちしてます!

返信先:サウナ風のコワーキングスペースでした! なんと平日に入場制限なるほどの人気。 横浜スカイスパです。

コワーキングスペースである「ACRO STUDY(アクロスタディー)」内に2022年9月にオープンした「ACRO-CAFE(アクロカフェ)」。こちらは週末限定の夜カフェとして人気のスポットですが、20...